INTERVIEW / インタビュー

ス・シェフ

NAOTO SUGIMOTO 杉本直人

料理人として挑戦できる環境が
ここにはある
ブラスのキュジニエの魅力

ブラスの料理人の魅力は、何といっても即戦力として働けること。ホテルやレストランなど他会場では、どうしても長期間の下積みがあるのが一般的。しかし、ブラスでは新入社員でも、様々な仕事に挑戦できるチャンスがあります。平日は、週末に行われる披露宴で提供する料理の仕込みを、厨房スタッフ全員で行います。完全貸切のゲストハウスだからこそ、一組の料理に時間と手間をかけて、丁寧に作り上げていきます。そのような環境だからこそ、先輩がしっかりとサポートできるので、本人に「やってみたい」という前向きな意思さえあれば、色々な仕事に挑戦させてもらえるのです。また、ブラスはすべての店舗において、披露宴会場とキッチンが隣接する、オープンキッチンのスタイル。ガラス越しに見える、新郎新婦やゲストの笑顔が、自分自身のやりがいに繋がっています。

Q ブラスで料理人として働く環境とは?

若いうちから、様々なことにチャレンジさせてもらえる環境があるというのは、料理人として大きなメリットです。
例えば、結婚式の婚礼メニュー。私の所属している店舗では、全厨房メンバーで、メニュー構成や料理内容を考えながら、一つのコースを作りあげていきます。もちろん最終的に決定するのは、料理長であるシェフですが、アイデアは誰がだしてもいい。そのため、社歴や技術に関係なく、全員が日々知識を深める努力をしています。また、ブラスには20店舗以上の姉妹店が全国にあり、その店舗の数だけ異なるメニューがあります。自店舗以外のメニューを学べる機会があるのは、大変魅力だと思います。料理人にとって、これほどまでに技術を磨きやすい環境は、他には無いと思います。

VISION

現在、ス・シェフとして、メニューの考案や、お客様との料理の打ち合わせ、後輩スタッフの育成など、様々な役割を担っています。新卒で入社したキュイジニエたちを育てることに、大変やりがいを感じています。また、結婚式にはウエディングプランナーと厨房の連携が不可欠です。いい結婚式を創るためにも、コミュニケーションを欠かすことなく、厨房チームを育成し、引っ張っていけるようになりたいと思っています。
今後の目標は、料理長に昇進し、一つの店舗を任せてもらうことです。いつかお客様に提供するコース料理を、私が率いるチームですべて完成させたい。私だからできる料理・チームを創りたいと思っています。そのためにも、自身の技術力向上と、今任せてもらっている仕事に全力で取り組みたいと思います。

募集要項 / エントリー

私たちと一緒に「最高の結婚式」を奏でませんか?

  • 新卒採用
  • 中途(キャリア)採用
  • パート・アルバイト

    専属司会者採用