INTERVIEW / インタビュー

ウエディングプランナー

CHIKA NAGATA長田知香

誰と一緒に働きたいか
ここはなりたい自分を
目指せる場所

従姉の結婚式に列席したことがきっかけで、ウエディングプランナーを目指した私。就職活動の中では、何をするかということ以上に「誰と働くか」「なりたい自分になれる場所か」ということを重視していました。その中で、参加したブラスの会社説明会。そこで出会ったブラスの人たちは、常に上機嫌で楽しみながら仕事をしている人、些細な変化に気づき気配りができる人など。まさしく私の「なりたい自分」を体現されている方ばかりでした。また、スタッフのみなさまのおかげで、面接でも緊張せずに、安心して、いつも通りの自分を表現することができました。どんどんブラスに心惹かれていった私は、「この人たちと一緒に働きたい」「ブラスでウエディングプランナーとして働く中で、なりたい自分を目指し、自分を成長させていきたい」と考え、入社を決意しました。

Q入社後ブライダルの知識はどう身に
付けたか?

結婚式場でのアルバイト経験はなく、4年生大学を卒業した私は、ブライダルの知識はほぼない状態での入社となり、それが少し不安でもありました。しかし、入社後1か月間、新入社員に向けての研修がしっかりと用意されており、結婚式の様々な知識を学べる機会が設けられていました。また、配属された店舗で働き始めてからも、トレーナーをはじめとする先輩プランナーが、基礎的なことから丁寧に教えてくださり、困ったときは一緒に悩みながらも、解決へと導いてくださいました。ブラスはウエディングプランナー一貫制のため、新規接客、打ち合わせ、アテンドの仕方など幅広い知識とスキルが必要ですが、それらすべては、先輩とのロールプレイングを何度も重ねて本番に挑みます。また、担当プランナーを支えるサブプランナーや、BGMオペレーターを任せてもらえるため、より多くの結婚式に触れ、経験を積むことができます。一つとして同じ結婚式はないので、様々なことを吸収して自身の糧にすることができます。入社前の経験や出身校は関係なく、成長したいという想いさえあればウエディングプランナーになれる。このブラスの恵まれた環境に、心から感謝しています。

VISION

担当ウエディングプランナーとして、これからたくさんのいい結婚式を創っていきたいです。新規接客から携わることが出来るブラスだからこそ「長田さんに担当してほしいから、ここで結婚式を挙げます」と言っていただけるように、自分自身を成長させ、プランナーとしての存在価値を高めていきたいです。
また、大きな目標としては「たくさんの人を幸せにしたい」と思っています。一貫制のウエディングプランナーとして、出会いから結婚式当日まで、さらにその先も、長く時間を過ごすからこそ、おふたりにとってどれだけ信頼し、安心できる存在になれるかが鍵だと思います。お客様を大切に思う気持ちを忘れずに、様々なお客様が抱いている想いや願いに共感し、導いていけるように、感性を磨いていきたいです。
そして、私自身がブラスでの面接の時に安心して自分自身を表現できたように。これから出会う新郎新婦、ご家族やゲスト、一緒に働く仲間にとって、安心して頼れる存在になれるように、これからも努力していきたいと思います。

募集要項 / エントリー

私たちと一緒に「最高の結婚式」を奏でませんか?

  • 新卒採用
  • 中途(キャリア)採用
  • パート・アルバイト

    専属司会者採用