ブラス広報室かしましブログ

かしましブログをご覧の皆様こんにちは!
本日のブログは太田が書かせていただきます。


梅雨も明け、夏本番となり夏が好きな私は毎日ソワソワしております。

私の中で夏といえば「 海 」
何をするわけでもなく、海に行きたい!と衝動的に思います。

昨日の名古屋は久しぶりに雨が降りましたが
次のお休みには念願の親知らずを抜いた後、海に遊びに行く予定なので
全身全霊で晴れを願っております。


さて2月に本社にやってきた私ですが
この半年足らずでたくさんの事を学ばせていただきました!
その中でひとつ私と一緒に成長した仲間を紹介いたします♪
IMG_2008_R
観葉植物ちゃんです。(性別不明)


今ではこんなにも葉が開き、元気な姿の観葉植物ちゃんですが
私が本社へやってきた2月には根腐れをしていて
ほとんど葉っぱがない様子でした。

本社に来て教えていただいたことのひとつ
「お花や植物はその種類によってお水をあげる頻度が異なる」ということ

そんなことか。と思われる方もいらっしゃるかとおもいますが
私にとってこの言葉は深く記憶に残り、勉強になりました。

きっと同じ種類の植物でも扱い方は違い
それぞれの成長の早さや特徴があり
その扱いによって、実り方も変わるものなのではないかと感じました。



人間は赤ちゃんでも泣いて意思表示をすることが出来ます。
ペットも声を出して意思を訴えることが出来ます。

ですが、植物はただ枯れてしまうか、大きく育っていくのか。そのどちらかです。

その中で一度は枯れそうになってしまった観葉植物ちゃんが
また大きく育ったということは、本社の方の愛情に包まれていたからだ!と思いました。


そして私事ではありますが、先日本社の皆様から誕生日のお祝いをしていただきました。
本社に来て初めて迎える誕生日だったので、とても嬉しかったです^^


新しい歳を迎えるにあたり、今の自分自身を見つめ直した際に
考え、悩むことがたくさんありました。

そんな中観葉植物ちゃんを見て、自分らしく頑張ろう!と思ったのと同時に
今、ココにいられることの感謝の気持ちを改めて感じることが出来ました!

また明日から頑張ろう!
そう思わせてくれるのは静かに見守ってくれていた観葉植物ちゃんでした!


植物のパワーってこそ偉大だな~と感じた太田でした。

今さらな気もしますが…
このブログを書かなくては私の慰安旅行は終われません。

慰安旅行の裏側で働いていたメンバーのひとり、広報室の川合です。

2016年の終わり頃のことでしょうか?
本社に異動して数か月の私に新たな仕事が舞い降りて来ました。

「来年の慰安旅行の幹事をやって欲しい!リーダーとして」

ブラスの慰安旅行といえば、社内でもみんなが特に楽しみにしている(多分)一大イベント!
その幹事を任せていただけるとは何て光栄なことだろう、と自分に言い聞かせて、
「わかりました」」と幹事の仕事を引き受けました。
※決して嫌だったわけではありません!が、過去の幹事を見る限り「大変な仕事だな」ということはわかっていたのです。

そこから約半年。

私と同じく本社に異動になったクルヴェット名古屋元プランナーの野村みくちゃんと、
今まで一度も慰安旅行に行ったことのない店舗管理部の西川さんと、
慰安旅行は2度目の経理部吉橋さんと、広報室室長の江端さんという、今まであまり交流のなかったメンバーが集められ、
準備を進めていくことになったのです。

準備期間と当日の様子は割愛しますが、旅行の幹事を通して私が感じたことは3つ。

【事前準備を怠らないことの大切さ】
【ハプニング起こった時に落ち着いて物事を判断することの大切さ】

2つとも当たり前のことですが、300名の旅行となると想像していなかったこともたくさん起こりまして。
「もっとイメトレしておけばよかったな」「ちゃんと準備しておけばよかったな」と思う場面がいくつかありました。
ただ、何か起こった時も落ち着いて判断が出来ればピンチを切り抜けることは出来るのです。

そして、もう1つは、
【「楽しかった」「ありがとう」と言ってもらえることの喜び】

これも当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、幹事として慰安旅行に参加していると「みんなが本当に楽しめているのか」ということがよくわからなかったのです。
次の場所に先回りして準備をしたり、イベント会場に残って片づけをしていると、みんなとゆっくり話す機会が意外とありません。

特に今回の旅行は、とてもハードな(慰安じゃない)旅行だったので、みんながちゃんと楽しめているのかどうか、不安だったのですが、旅行後、いろいろな店舗に行くと「幹事お疲れ様でした」「慰安旅行すごく楽しかったです」と声を掛けてもらい、ただただ単純に「よかったな、嬉しいな」と思ったのです。

プランナーをしている頃はどれも当たり前のことだったのですが、
幹事をしていて久しぶりにプランナー時代のことを思い出しました。

1469345505508_R
幹事にとっても、まさに慰安じゃない慰安旅行だった岡山&大阪の旅。
これが唯一の旅行を楽しんでる写真です。
(なんばグランド花月を途中で抜けて、2日目の宿泊先に先発する直前ですが)

来年の旅行はどうなるのか・・・
300名以上の団体を受け入れてくれるホテルは見つかるのか・・・

「全員で旅行に行く!」という社長の想いを叶えるために、早速動き出したいと思います。

みなさん、こんにちは。

梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね!
既に暑さに負けそうですが・・・
学生さんはもう夏休みに入った頃でしょうか。

夏休みといえば、小学生の頃は毎日家の前の海で泳いでいましたね。
私の地元では地区水泳といって、地域の小学生は毎日泳ぐのが夏休みの日課でしたので。

また旅行の計画を立てていらっしゃる方もいるかと思います。

先日慰安旅行がありましたが、倉敷の美観地区がとっても良かったので、
また行きたいなと思いました。

ブラスの慰安旅行は「慰安でない慰安旅行」と言われているほど
ハードスケジュールなんです!
私は今年初めての参加でしたが、もうついていくのに必死でした・・・
美観地区の素敵な街並みを一切楽しむことなく、ひたすらクイズを解くことに時間を費やします。
ところどころにすごくいいお店もありましたが、ゆっくりすることもできず、
観光・お買い物など旅行らしいことは、何一つできず・・・
そんな旅行もまた違った楽しみ方で、思い出に残るものとなりましたね!

しかし今年の夏は上場後初めての決算をむかえるということで、
経理部にとっては最も忙しい時期となりそうです!!
夏バテせずに、乗り切りたいと思います!

旅行は決算が落ち着いた秋頃にでも行こうかなと思います。

みなさんこんにちは。
商品開発室の野村です。
今日は先日出逢った素敵な場面のご紹介をさせてください。

私は今年の3月までクルヴェット名古屋でウエディングプランナーをしていました。
昨年の6月28日に結婚式を挙げてくださったおふたりから
今年の6月27日に突然メールが入ったのです。
私も明日でふたりの結婚式からもう1年経つのか~なんて思いを馳せていたので、
とてもびっくりしました。

「明日クルヴェットのチャペルで写真を撮ることはできませんか?」
この素敵な相談に私は、ぜひ!とお答えさせていただきました。

産まれたばかりのお子様にとって、
初めてのお父さんとお母さんが挙げた結婚式場です。

3人で初めて来るチャペル。
3人で来たチャペルにおふたりも
「あれから1年も経つんやね」と感慨深い様子でした。

想い出の場所で何枚も写真を撮り
ビデオカメラをまわし、楽しんでいただけたご様子でした。

IMG_3272_R

パパになった新郎さんは大事な娘さんをだっこしながら
「〇〇ちゃんはまだまだここ歩いちゃだめだからね~」と
嬉しそうに話しかけていました。

IMG_3261_R

思わず新婦さんから「自分は去年歩かせてもらったくせに!(笑)」と
突っ込みが入るほどでした。



ブラスの結婚式場は結婚式を挙げたら終わりではありません。
おふたりが結婚式を挙げた場所が
おふたりにとってずっとずっとかけがえのない場所であり続けたい
そう思っています。

だから、記念の日、
もちろんそうでない日だって
いつでも帰ってくることのできる場所として
私たちは待っています。

そんな想いから始まったブラス夏の撮影会
通称『夏祭り』がだんだん近づいてきました。
ブラスのHPでも各店舗の夏祭りの日時のご案内をしております。
今年も多くの方々に帰ってきていただけますように―

「ただいま」 「おかえり」 がたくさん飛び交う夏祭り。
皆さまにお会いできることを楽しみにしております

先週は年に1度のブラス最大イベント慰安旅行でした。

写真はそうれぞれのスタッフがたくさんアップしてますので

ご覧ください!

旅行1日目の夜は、ホテルニュー淡路でとても美味しい夕食を頂きました。
※過去の旅行の中でも上位を争うごちそうでした(幹事さんありがとう!)


旅行2日目は恒例のブラススポーツフェスタでしたが、体力がついて行かず

応援部隊に撤しました~

毎年思いますが、本当にブラスの社員旅行はアツイ、アツイ!

来年はスタミナと体力をつけて完全復活したいと思います。

そして楽しい思い出と共に帰宅!

家に帰ればまずお風呂!気持ちいい~

風呂上りはお気に入りのマッサージチェアで・・・

あら~

席を譲ってください。

20160719_071203








―当日までは「幹事」だけど
当日は『主役』になる―

結婚式は不思議なイベント

弊社の社長から教えて頂いたことがある言葉です

140329-093652_R

結婚が決まって報告を受けて
招待状が届いて

楽しみにして当日を迎えると
お花や装飾で飾られている素敵な空間

自分の席があって
おいしい料理が運ばれてきて・・・

160619-131320_R

―すべて当たり前ではなく
準備してくれている人がいること―


そして、そこには
想像以上に
時間をかけて準備していたり
想いが込められている事

一組の結婚式に何人の方が関わっているのでしょうか?

140329-110736_R

新郎新婦のおふたりだけではなく
想像以上に
たくさんの方が関わって
支えられて当日を迎えるからこそ

たくさんの想いが重なって
「感動」「幸せな気持ち」
そして「かけがえのない時間」が生まれるのかもしれません

140329-104808_R


今年の弊社慰安旅行でも同じようなことを感じました

今まで参加して楽しむ側だったのですが
本社に来て知らなかったことがたくさんありました

「この会社にいて良かった」
「楽しかった」

そう想えるように
たくさん時間をかけて準備してくれていた
幹事メンバー

それだけではなく
早朝に部屋の掃除をしてくれたメンバーがいたこと
イベント前後には会場の準備と片付けをしてくれたメンバー

そして何よりも
会社に残って守ってくれるメンバー
代わりに対応してくれるメンバー
たくさんの方に支えてもらって
3日間すべての行程に参加させてもらえたこと

感謝の気持ちでいっぱいです
本当にありがとうございます

6bc9dee4_R

「楽しむ」裏側には
見えない所で活躍してくれる

メンバーがたくさんいること

そのことを忘れず
そして気付けるよう
感謝の気持ちを大切にできる人でいたいと思った
ささきでした



さぁ!!やってまいりました!!
毎年恒例「慰安じゃない慰安旅行」-!!

ブラス総勢300名の大家族で岡山と大阪に行って参りました。

【1日目】

「慰安じゃない慰安旅行」はすでに初日朝6時からはじまっております。
17店舗&本社&ビードッレセ対抗の仮想衣裳をみにまとった各店スタッフでにぎわいました。
毎年新幹線がコスプレサミットのようになります。

目的地は岡山県倉敷市にある情緒あふれる街並みが素敵な美観地区です。
各店対抗「桃太郎ゲーム」でチームの結束力を高めます。
昨日まで結婚式をしていたとは思えないほど、全員本気でクイズを解くのに
走り回っています。相変わらずタフだな~

そう何事にも本気!!それがブラスの信念です。

宿泊先はCMでおなじみの

「ホテルニュ~ア~ワ~ジ~♪」
瀬戸内海を眺めながらの温泉と海産物は格別でした。
いや違う違うこのままでは慰安になってしまう!!
そんなわけありません。

まだまだ続きます。
17店舗&本社&ビードレッセ対抗 大余興大会ー!!
いや~今回も白熱致しました。
「結婚式場屋だからこそ余興のクオリティも突き詰めなきゃダメだ!!」
社長はじめ新入社員も頭をめぐらせ必至で体をはります。
~笑いと涙の結婚式~のコンセプト通り笑い声で会場が揺れます。
大変盛り上がり初日も結び……

ませーん!!

社員全員の一体感を高めるために、声がかれ筋肉痛になるほど飛び跳ねる
カラオケ大会でも楽しみます。

初日これだけ出し切れば…
いえ限りある時間を全力で楽しみます。
ラーメン、鷲野部屋、若手部屋と同期を超え店舗を超え
コミュニケーションをとって其々の初日が結びになります。

【2日目】

目覚めはご想像にお任せしますが、2日目もエンジン全開です。
移動中は寝ません。各バスでチーフプランナーが司会を務め
クイズやカラオケでバスは大いに揺れます。

岡山から徳島へ
徳島から神戸への大移動

ブラスの慰安旅行は「移動」ではなく移動も「イベント」になります。
全ては芸の肥やしということですね。

神戸アリーナでスポーツ観戦かとおもいきや…
いや我々が競技する側です。
朝から健康的にブラス大運動会が開幕!!
チームの絆を深めるために大縄跳びとバレーボール大会を行いました。
各店の意地とプライドをかけて負けられない戦いが今ここに始まる。

そして…遂に 総合優勝発表のため表彰式が始まります。
仮想衣裳・余興・運動会・ゲーム・バスクイズ 特典を計算中…
熱戦が繰り広げられ、数々の名場面がうまれました。


栄えある第一位は

愛知県 豊田市 ゲストハウス 

アージェントパルム

優勝ー!!

全スタッフ素晴らしい活躍で奮闘しておりました。
全員に拍手!!

続いて、神戸からお笑いの街大阪へ
グランド花月でお笑いの神髄「吉本新喜劇」を鑑賞しました。
来年17店舗目ブランリール大阪が出店することもあり、
東海にない関西の文化を学びました。
人を笑わせる技術は奥が深い。
計算しつくされた漫才に感動し高笑いしました。

夜はホテルロッジ舞洲でペントハウスに宿泊しました。
一家屋根の下で語らい団欒と…

まだできるわけがなーい!!

皆さんお忘れではないでしょうか?
「慰安ではない慰安旅行」

コンセプトは「相席屋」でBBQ
社員300人まだ打ち解けれていない家族も多いはずです。
各店舗間だけが家族ではありません。
全社員300人合わせてこその大家族主義です。
普段話さない人との交流を兼ねて、席替えをしながら
美味しいBBQを楽しみます。

2日目ラストフィナーレを飾るのはこの方しかいらっしゃいません。
代表取締役社長兼300名社員の親である

「河合達明社長」

自ら先頭に立つ完全現場主義の社長
もちろん社長も全力です。

「河合達明社長のスペシャル野外ライブ」

ギター兼ボーカル 社長
コーラス クルヴェット名古屋 中村チーフ
バイオリン ヴェルミヨンバーグ 田中プランナー
ドラム ヴェールノアール 伊藤チーフ

音響・設営・照明・演出やはり抜かりないです。
プランナーですからね。

そしてライブは始まりました。
最幸の音色と歌声が会場に響き渡ります。
自然と起きるペンライトの光が波のように揺れます。
全員で一体となって盛り上げるのはブラスの真骨頂。
花火も完璧に決まり幕を下ろしました。

素晴らしいライブすぎて…なかなか皆さん寝ません。
限界はとうに超えているはず…

ようやくペントハウスで一家団欒の時間ですが、
貸切とはいうものの夜も騒がしく賑やかでした。
従業員の皆様大変お世話になりました。

皆さん本当に寝ませんね。

【3日目】

長い間お付き合いありがとうございます。
ようやく最終日です。

大阪の某人気結婚式場に会場見学とランチに行きました。
ブログ配信許可をもらっていないため中身は割愛させて頂きます。

「同業にも関わらず受け入れて下さり誠にありがとうございます。
 大変お世話になりました。心温まるおもてなしと素敵な会場に
 同業として身がひきしまりました。」

そして、慰安旅行はじめてのフリータイム。
道頓堀で食い倒れの自由行動へ各々旅立っていきました。

2時間だけ。

やはり限りない時間を最大限生かす進行は見事です。

総勢300名を動かすプランニングも本社幹事チームの企画と準備があったからだと思います。

感謝です。

そして300人が協調性をもって団体行動をしてくれたからこその成功だと感じました。
「ブラスラブ」の経営理念が浸透しているからこそ、
ブラスの結婚式は一体感があり、全力で祝福したいというスタッフが育つのだと思います。

全ては人を喜ばし人様の人生の中で感動を残したい。
人を幸せにするためには人が成長しなければならない。

「良い結婚式は建物ではなく、人が作るもの」

ビジュアルは時代とともに変わっていくが、
人の心は一生残っていくものです。

慰安旅行を通して毎年気づくことがあります。

「この人たちに出会えてよかった。」

隣では同じように熱く良い結婚式を作ろうと必死に頑張っている同志がいるので、
どこにいようとお互いお客様に熱く向き合っていると安心します。

これから出会う新郎新婦、ゲスト、パートナー、新入社員、メディア、同業他社も
同じように思ってもらえたら幸いです。

ブラスは世の中にインパクトを与える会社にならないといけません。
これからは資本主義がすべてではなく、「人の信頼関係」が時代をきり拓いていくと思います。
そう考えると「大家族主義の運営」という理念は今後大きなインパクトを世の中に与えるかもしれません。

さぁ 今週も良い結婚式をこの大家族で作っていきます。

新たな幸せを求めて
                                
                               守本翔一朗












今年の七夕は晴れてきっと天の川がきれいに見れたことでしょう。
夜空を見ることをすっかり忘れ寝てしまいました井上です。

ここ数年は保育園で短冊をもらい、願い事を書いていました。
昨年までは、クラスの友達と仲良く遊べますように!
と母の私が書いていました。

今年は4歳になった息子に

何をお願いしたい?と聞くと、
「仮面ライダーに会いたい」

男の子らしい願い事です(笑)

さらに、もう一つの短冊には、
「プールで泳げますように」

行ったこともないプールで泳げますようにという、「挑戦」という
願い事を言ってくれるように成長していました。

これには驚き&感動です!!
これはどちらも叶えてあげなければと、今年の夏の予定を計画中です。

さらに今年は苦手克服と題し、5月からトマトとピーマンを育てておりました。
IMG_3095_R

IMG_3181_R



そう、子どもが食べない野菜2種です。
スーパーで売られている野菜も育てたら食べられるんじゃないかとプランターで
育て始めました。

7月に入り、食べられるくらいに成長したので先日収穫をし、
ご飯のおかずで出してみました。
結果は・・・

残念、やはり嫌いなものは嫌いでした。。

ただ、嫌いな野菜だけど、毎日庭のプランターを見ては成長を気にするようになった
というところは成長の証しだと。
いつかは食べてもらえるようになるといいなと願って、今年は私がいただきました。

最近、SNSで話題になっている
とある主婦が書いたという
【「恋人」と「夫婦」の違い】
知っていますか?

   【恋人】                 【夫婦】
* ときめきをくれる関係         * 信頼と安心をくれる関係

* 快楽                   * 忍耐と寛容

* 気持ちのつながりだけで       * 相手の周りにあるものすべてを
   一緒にいられる存在           受け止める覚悟をした存在

* 相手に完璧を求めること       * 相手が不完全であることを認めること

* 幸せ気分を味わうもの        * 幸せをつくりだすもの

* お互いに見つめあうもの       * 同じ方向を見るもの

* 休日娯楽                 * 日常生活





なんだか妙に納得。

「恋人」の時は相手のいいところが目に留まり、
悪いところには見ないふりをすればよかったけれど、
「夫婦」になって毎日一つ屋根の下で生活をしていると
悪いところばかり目に留まってしまう時期もあります。

でも、相手も自分も不完全であることを認め、
同じ夢にむかって幸せをつくっていくことができたなら…

そんな幸せなことはないんだろうなと思いました。


結婚式の準備は、
人生のビックイベント「結婚式の成功」というひとつの目標にむかって
ふたりで同じ方向をむいて頑張る期間です。

2_R

恋人のときには「同じゴールにむかって頑張る」とうことはなかなかないので
いわば初めての「試練」。

喧嘩をしたり、イライラしたり…
楽しいことばかりではないと思います。

でもその壁を乗り越えて迎えた結婚式当日のおふたりは
「恋人」から「夫婦」として 第一歩を歩き始めることができた
喜びと幸福に満ち溢れキラキラと輝いています。

IMG_3439

結婚式の準備期間は
「恋人」から「夫婦」になっていく準備期間

準備は大変かもしれませんが、ふたりにとって
とっても大切な時間なんですね。


橋本

2016年も早いもので半年過ぎ

あっという間に暑さ感じる夏がやってきますね

すでにお盆休みの計画を立てられている方も多いのではないでしょうか

 

さて夏といえば―

ブラスにとってたいせつなイベント

【 夏祭り 】

今年も全店舗にて開催を予定しております

お引越しをされて式場までは遠い…

そんな方は近隣にある姉妹店へお越しいただいても大丈夫です

ぜひ一年に一度の家族写真残していただけたらと思います

 

2005

ちなみに私もブラスファミリーの一員

今年で夏祭りは11回目の参加になります

夏祭りの写真を並べると…

2006

はじめての夏祭り参加

長女が生まれてすぐ

2009

二女が生まれて

2012

三女が生まれて

2015

私たちも歳をとりました

 

毎年同じ時期に撮影しているからこそ感慨深いものがあります

ここ数年は娘たちとの仮装は断られるようになりましたが

このイベントだけは我が家のライフワークとして

いつか娘たちが自分の足で歩みだすまで参加し続けられたらと思います

hayashi_R

何よりも

今年も皆さんに「おかえりなさい」と言えること

楽しみにしております

【 林 和正 】

1 2 3 4 5 6 133